椎間板ヘルニアなどが原因の腰痛などについて知り、上手に治療を行いましょう。


坐骨神経痛(座骨神経痛)

長く座ることや長く歩いたことでおこる
腰やおしり、太ももなどの激痛やしびれは、
坐骨神経痛と呼ばれる症状の場合がほとんどです。


坐骨神経痛とは、坐骨神経とよばれる神経が
なんらかの原因によって圧迫されたことで、
激しい痛みやしびれなどを伴う症状です。


また、坐骨神経痛の症状が現れるのは腰だけでなく
ふくらはぎ太ももおしりなどにも現れるため、
ひどい場合は、歩くことが困難となってしまうのです。


坐骨神経痛の起こる原因は、
おしりの筋肉の一部である梨状筋が原因の場合や、
妊娠による骨盤のずれやぎっくり腰、椎間板ヘルニア、
年を重ねたことによる老化など実に様々です。


坐骨神経痛を発症するのは年配の方というイメージが強いものですが、
坐骨神経痛は年齢に関係なく、ある日突然発症する症状といえます。


坐骨神経痛を発症してしまった場合は、自分の症状を知り、
どういった治療法を行うことが自分にとってベストなのかを知って、
治療を行いましょう。


坐骨神経痛の治療法としては、
病院や医療機関、整骨院などで異なりますが、
コルセットを使用したり、
ブロック治療法とよばれる治療法を行ったり、
ヨガや針、温泉治療など様々な方法があります。


医療機関や整骨院に通ったけど、
坐骨神経痛が治らなかったという場合などに
ヨガや針、温泉治療を行ってみると言うのも一つの方法といえるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。