椎間板ヘルニアなどが原因の腰痛などについて知り、上手に治療を行いましょう。


膝痛

年を重ねるにつれて、
膝痛で悩む人は多くなっていると言われています。


膝痛は主に50代を超えた女性に多いと言われている症状で、
膝痛の原因は年を重ねたことによる老化であると言われています。


なぜ、老化が膝痛の原因かというと、
脊髄動物に属する人間は多くの関節によって体を動かしているからです。


手や足を曲げる、動かす、歩く、立つなどの動作は
骨や筋肉、関節が関係していて、
骨や筋肉、関節がバランスを保つことで行われている動作です。


年齢を重ねるごとに、骨や筋肉は衰えていきます。


骨や筋肉が衰えることで、
関節に負担がかかり、
結果、関節痛を発症します。


なぜ、女性に膝痛の症状が出やすいのかというと、
男性に比べ、女性は年を重ねるごとに新陳代謝が衰え、
筋肉も少なくなるからです。


新陳代謝が衰え、筋肉が少なくなることで
男性より太りやすい状態に陥ってしまい、
結果、気がつかないうちに膝に負担がかかり、
膝痛を発症しています。


また、膝痛の原因は年を重ねたための老化だけでなく、
X脚やO脚の人、長時間立って行う仕事をしている方も発症する症状といえます。


なぜなら、X脚やO脚の場合、膝に均等に負担がかかるのではなく、
内側か外側だけに負担が集中します。


また、長時間立ったままの場合、
膝にかなりの負担がかかっています。


その結果、膝痛を発症してしまうのです。


膝痛の治療法は様々ですが、
早めに病院に受診し、
自分にあった治療法を行いましょう。
タグ:膝痛
posted by 椎間板 | Comment(0) | TrackBack(0) | 膝痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。